プロペシアと同じ効果を半額以下の値段で

薄毛や抜け毛でお悩みの男性の中には、昔のフサフサとした髪の毛を取り戻そうと毎日育毛剤を使っているという人も多いことでしょう。
ただ、育毛剤は効果の差が個人によって大きく、同じ商品を使ってたとしても、ある人には効果があるのに、別の人には全く効果が無いということもよくあります。
値段的にも決して安いものではないので、できるだけ効果を期待できる育毛剤を使いたいところです。
育毛剤には服用するタイプの内服薬と頭皮に塗布するタイプの外用薬がありますが、国によって育毛・発毛効果が認められている内服薬の成分はフィナステリドだけです。

 

このフィナステリドは男性ホルモンを抑える効果のある成分で、元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発が進められてきたものですが、男性ホルモンに起因する薄毛・抜け毛である男性型脱毛症(AGA)にも効果があることがわかり、現在は育毛剤としても使われています。
なぜ、フィナステリドがAGAに効果があるのかというと、薄毛の原因物質である男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)をつくり出す酵素5αリダクターゼの働きを阻害するからです。
男性の体内にある男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼと結合することでDHTを生成しますが、フィナステリドは5αリダクターゼがテストステロンと結合する前に自分自身が結合してしまうことで脱毛ホルモンDHTが生成されるのを防ぐのです。
フィナステリドを主成分とするAGA治療薬として最初に登場したのはプロペシアです。

 

国内で承認を受けているフィナステリド製剤はプロペシアのみとなっています。
国の臨床試験ではプロペシアを1年間服用し続けることでAGAの人の6割、2年間の連続服用では7割以上に改善が見られ、その効果は他の育毛剤と比べても特筆すべきものとなっています。
しかし、その一方で値段が高いのがネックとなっているという事実もあります。
というのも、プロペシアには保険が適用されないため、購入にあたっては全額が自己負担となるからです。
プロペシアは最低でも半年、できれば1年・2年と服用し続けたほうが効果が期待できるのですが、診療費と合わせると毎月1万円ほどの出費が必要となります。
こういった理由から経済的に続けられないという人がいるのです。
そこで現在人気となっているのがフィナステリドのジェネリックを海外から購入するという方法です。

 

フィナステリドのジェネリックとしてはフィンペシアがよく知られています。
フィンペシアは海外で販売されているジェネリック医薬品で成分的にはプロペシアとほとんど変わりありません。
それでいて値段はプロペシアの半分以下となっています。
つまり、プロペシアと同じ効果の薬を半額で購入できるということになり、経済的な負担も大きく軽減することができるのです。
ただ、一般の人が医薬品を海外から個人輸入するというのはなかなか難しいことです。
そこで、海外からの医薬品の購入には輸入代行業者を利用することをオススメします。
個人輸入代行業者が海外からの医薬品購入を代行してくれるので、面倒な通関手続きなどの必要がなく、だれでも医薬品を安く簡単に手に入れることが可能です。
興味のある方はくすりエクスプレスなど定評のある個人輸入代行業者のサイトを覗いてみると良いでしょう。